【s13 使用構築】灼熱のリザミミポリ2【最高最終2109】

【はじめに】

s13お疲れ様でした。

自身初の2100を達成することが出来たので記事に残そうと思います。

拙い文章ですが読んでいただけると幸いです。

 

【使用構築】

f:id:Yufapoke:20190105215843p:image

【コンセプト】

・対面と崩しを重視

・選出誘導力の高いポケモンを並べ相手の選出を制限する

 

【構築経緯】

メガ枠で11交換してトリックルーム展開から詰めていく構築が強そうと感じそこから作り始めた。

メガ枠、トリル起動要因、トリルエースともに使い慣れているメガリザードンXポリゴン2マリルリを採用。

2体目のメガ枠として対面性能が優秀でリザードンとの補完も取れるメガメタグロスを採用。

襷枠として広い範囲で殴り合うことができるキノガッサを採用。

最後に相手に選出誘導をかけれて受けを崩すことができるジャラランガを採用。

しかし、トリックルームが展開できなかったり枯らされたりしてマリルリが腐る場面が多かったので化けの皮による行動保証があるミミッキュに変え構築が完成した。

 

【個別解説】

 f:id:Yufapoke:20190105205642g:plain

リザードン@リザードナイトX 猛火→かたいツメ

意地っ張り

175(172)-191(188)-132(4)-×-106(4)-138(140) 

げきりん/ニトロチャージ/かみなりパンチ→フレアドライブ/つるぎのまい

 

・準速カプ・レヒレ抜き

・s1段階上昇後最速メガミミロップ抜き

 

最初はかみなりパンチではなくフレアドライブを採用していたが高速電気のボルトチェンジ+水妖でリザードンXYうまく両対応されるのが面倒だったのでかみなりパンチとした。

水妖入りに積極的に出していけたので良かった。

最終日水妖いりのパーティーと当たらなかったのでフレアドライブに戻した。

メガゲンガーマンムーなどといったニトロチャージフレアドライブで倒したい相手と対面することが多かった。

 

f:id:Yufapoke:20190105212500g:plain

ポリゴン2@進化の輝石 ダウンロード

控えめ

191(244)-×-112(12)-172(252)-115-80

トライアタック/れいとうビーム/シャドーボール/トリックルーム

 

トリル起動要因。

技構成はこれで完成していると思っている。

初手のトリックルーム展開は弱いと思っているので2体目の以降で展開することを心がけた。

メガ3強のメタグロスボーマンダリザードン、一般ポケ3強のミミッキュランドロスゲッコウガに対して最低限の仕事ができる点が素晴らしいと感じた。

 

 f:id:Yufapoke:20190105215413g:plain

ミミッキュ@ミミッキュz 化けの皮

意地っ張り

155(196)-143(156)-119(148)-×-126(4)-117(4)

じゃれつく/シャドークロー/かげうち/つるぎのまい

 

トリックルームシナジーがあるテンプレABミミッキュ

うまく展開できればトリックルーム中につるぎのまいをしても窮屈な動きにならなかったのが良かった。

技構成はこれで完成しているがsラインを準速キノガッサ抜きまであげるかどうか一考の余地があると思う。

 

f:id:Yufapoke:20190105221648g:plain

メタグロス@メタグロスナイト クリアボディ→かたいツメ

陽気

167(92)-185(156)-171(4)-×-131(4)-178(252)

アイアンヘッド/じしん/かみなりパンチ/バレットパンチ

 

最速メタグロス

初手襷激流ゲッコウガへの有効打としてかみなりパンチをいれたが変幻自在も多くかみなりパンチでは対策とならなかった。

テッカグヤエアームドへの有効打として輝いていたと思う。

 

f:id:Yufapoke:20190105223233g:plain

キノガッサ@気合の襷 テクニシャン

意地っ張り

135-200(252)-101(4)-×-80-122(252)

タネマシンガン/マッハパンチ/キノコのほうし/つるぎのまい

 

ASキノガッサ

特に語ることがない最強ポケモン

ボーマンダ入りの構築には極力出さないようにしていた。

 

f:id:Yufapoke:20190105224150g:plain

ジャラランガ@ジャラランガz ぼうじん

控えめ

151(4)-117-145-167(252)-125-137(252)

スケイルノイズ/ドレインパンチ/かえんほうしゃ/挑発

 

キノガッサに強くするためぼうじんとしたがミミッキュと同じパーティーに入っていることが多く積極的に出せなかった。

モロバレル入りの受けサイクルに積極的に出していけたのがよかった。

相手の選出誘導の駒として非常に強かった。

Zの切りどころを見極めることが重要だと思った。

 

 

【選出・立ち回り】

リザードンorメタグロス+ポリゴン2+ミミッキュ

リザードンorメタグロス+キノガッサ+ミミッキュ

基本的に①か②のどちらかを選出していた。

①も②もどちらも選出できそうと感じた場合は①の選出を優先した。

ジャラランガを軸として選出するときは、ジャラランガメタグロスポリゴン2で選出することが多かった。

初手はメガ枠から入ることが多かったが、メガ枠を詰めの駒として使いたい場合にはミミッキュから入っていた。

最終日の初手率はメガ枠8割ミミッキュ2割その他片手で数えられる程度だったと思う。

とにかく数的有利をとることだけを意識して立ち回った。

 

【重いポケモン

・カプ・コケコ

メガガルーラ

ウルガモス

ナットレイ

ギルガルド

ポケモン単体でいうならこのあたり。

 

【結果】

TNゆうふぁ 最高1943 最終1862

TNふたばぽけ♪ 最高最終2109(26位)

f:id:Yufapoke:20190108082545j:image

 

QR

https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-C85B-41BA

ぜひ使ってみてください。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

何かありましたらコメント欄かTwitter@Yufa_rozまでよろしくお願いします。

Twitterのフォローもよろしければお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

【おまけ】

当初使う予定だったマリルリの型

 

yufapoke.hatenablog.com